電気代金

自家発電をしたいと思い、太陽光発電の導入を考える方もいらっしゃるでしょう。
太陽の光を活用し発電をすることによって、電力会社から電気を購入をする必要がなくなります。
ずっと電気を購入をする必要がなくなるということではなく、日中は購入をする必要がなくなると考えましょう。
太陽の光がさす間、日中の時間については発電をすることが出来ます。
しかし夜間については太陽が沈んでしまい、発電をすることが出来なくなってしまいます。
電気を作り出すことが出来ない時間帯については、今までと同じように電力会社より電気を購入をすることになります。
ここで考えたいのが電気代金についてです。
電力会社によっても異なりますが、時間帯によって電気代金が違うことが考えられます。
一般的に日中が1番高くなっており、夜間については安いことが多いです。
そのため夜間は電力会社から電気を購入しなくてはいけませんが、安い費用で使用をすることが出来るとも言えるのです。
また日中電気を作りますが、自宅に誰もいないなど電気が余ることも考えられます。
その際には電気を捨ててしまうのではなく、電力会社に売ることが出来ます。
個人でも電力会社に電気を売るという行為が出来るので、是非活用をしてほしいです。
日中は電気代金が高いことが多いと話をしました。
日中余った電気を売るということは、電気代金が高い時間帯に売りに出すということになります。
そのため高く売れるのです。
整理をすると、電力会社から電気を購入する際には安く購入をすることが出来ます。
そして電力会社に電気を売るときには高く売ることが出来るのです。
太陽光発電を導入をすると電気代金が安くなるとも言えます。
場合によっては売る金額の方が高く、購入をする金額の方が安いことも考えられます。
上記の場合は黒字ということですね。
1日1日状況は変わりますがお得に使用をすることが出来るようになります。
あわせて覚えておいてほしい例です。